<   2016年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

気になること

このごろ続けて体調が良くない人を見た

それがみんな同じ医院に行っているようなのだ

そして様子がおかしい

きっかけなどそれとなく聞いているのだが

むむむ  あんまりうれしくないこと

どうしたものか

心配で 早く気づいてくれますように

願っている

若いときは 大丈夫なクスリでも

年をとったら 注意が必要だと 思うようになった


一人のだんな様

あんまりおかしいので 元の先生の所に行ったら

こんなお薬 やめなさいと 言われて

みんなやめたの もうふらふら 

調子 悪いんだよね

お風呂で転んで 肋骨3本も 折れちゃってさ

痛くて 痛くて もう大変 いいことないねー

すぐ転ぶから 外に一人で出れないのよ

奥様

終わったら電話してくださいね

一人では危ないので 迎えに来るまで

帰さないでくださいね


はい 




[PR]
by uoom | 2016-04-28 21:38 | Trackback | Comments(0)

この間 地場産の竹の子がいっぱい並んでいた
これは買わなきゃ  心が躍る

冬 暖かだったからか 大きい
食べ切れないよ どうするんじゃ

思いながら2本ゲット
一本で鍋はいっぱいになった

もう1本は茹でて 食べる大きさに切ってから 冷凍庫に
1本目が食べ終わったので 冷凍庫のを出して煮た

するとまるで歯ざわりが違って 同じ筍とは思えない

ん? これってメンマじゃないの
これなら顎の弱い人でも 食べられるね

今日はメンマ作りように 細めの筍を手に入れた
早速茹でて 置いた
明日は 繊維を生かして 縦3センチの細切りにして
冷凍にしてみよう  わくわく

解凍したら ごま油で炒めて醤油 砂糖で味をつけ
食べよう  きっとメンマになっているはず^^

何時も思うのだが

ブログを書く人は 私みたいに暇な人か

お仕事と つながっている人でしょうね 

そうじゃないと

忙しい人はブログなんて書いていられない


ブログって
独り言だものね 

私にはそれが楽しい

今日もぶつぶつ たわいないこと 

どなた様も 気にしないで下され

誰も 傷つけませぬように  

それだけ願って 書いています





[PR]
by uoom | 2016-04-28 21:02 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

職人

18歳で何も分からないままこの世界に飛び込んだ
住み込み 見習いと言う環境は私ぐらいまでだと思う 

不安と興味でいっぱいだった
先輩オネエさん2人と 6畳の部屋で3人

これが都会なんだ と言う最初の感想
 
夜間の学校も通うことに  
やるきゃない

滋賀県から来た私に アクセントを直せという
出来るだけ平らに発音するようにした
舌をかみそうになる
こんなことから私の東京生活ははじまった

起床7時 
よる手の届いていないところを掃除
8時 朝食
8時半 職人さんも来て
9時開店

椅子6台 見習いは私一人で
タオルを洗ったり 下に落ちた髪を掃いたり

子供が動かないようにあやしながら頭を持ったり
シャンプーしたり 顔をそったり

午後4時30分にはあがって 軽食
電車に乗って学校へ 
5時30分から授業が始まる

9時30分に授業が終わり 電車に
店につくのが10時過ぎ

先輩方は休んでいる
お店のタオルを洗って銭湯へ

11時までに帰ってこないと鍵をかけられる

こんな生活が 1年半

学校を卒業するとインターン 
まだ見習いに変わりはない

1年後無事 国家試験合格 ほっ

やっと仕事は出来るようになったが


見習いになってまもなくから始めていたこと
組合の教育部の人と 休みのたび施設に行く

これは結婚するまで休みなく 続く

見習いの頃 職人がタオルを投げてくるやつ
それが顔に当たりおもわずムッ
そのタオルを職人の足に投げ返した

マア元気な私であった

こんな見習い始めてだ
何回か聴いた言葉だ

私の孫たちも元気がいい
頼もしいなー




[PR]
by uoom | 2016-04-27 22:14 | Trackback | Comments(2)

孫との会話

こんにちわー

よくきたねー

ママ 早速だけど座る前に お使いいってくれる
じーちゃんの畑のお買い物

いいよー

あなたたちは髪切るー

双子ちゃん
切る切るー

じゃあどうぞ

じゃー私からお願いします

チョッキン チョッキン

間違っても シャッキン シャッキン はだめです

ネエ椅子変わったでしょ
切れていたから 張り替えてもらったの
ふわふわでしょ

あっほんとだ
ふわふわになってる

うん 買うと高いから 
メンテナンスと張替えしてもらったの
半額くらいで出来たのよ

床屋さんの椅子って高いんだ

へーそうなの

あのさー 
おばーちゃんはお母さんと気が合わなかったんだ
何時もおこってばっかりでさ
それで死ぬまで反抗期だったんだよ

へーそうなんだ

 私はいいなー
お母さんは やさしいし 大すきだもん

おばーちゃんも好きだし

そー よかったねー

おばあちゃん 私たち今度来るときは
2年生なんだよ

わあーはやいねー 
もう2年生なんだー

ねえ おばあちゃん
お母さんの小さい時ってどんなだったの

うん とってもやさしかったよ

公園におばーちゃんがいたら 
おせんべい持って行って お話してた

ああ だから介護福祉士しているんだ

私ね消防士になって 困った人助けるの

そうじゃあ いっぱい寝て大きくならなくちゃね

うんいっぱい食べてね

こんなにやさしいお話し


今月も 29日 30日と来てくれる






[PR]
by uoom | 2016-04-27 21:04 | Trackback | Comments(0)

病院での会話

あなたいくつ
60代?

まさかあ 76歳よ

あーそう 私84歳よ

もう早いわねエー
いやんなちゃうわよ

60代は良いわよねー
まだ60代は

そうねー やあよねー

後ろでご婦人が話してる

顔は見えないが 声はとても若そう

げんきでるわ



[PR]
by uoom | 2016-04-26 21:45 | Trackback | Comments(0)

痛み

膝が痛いです
今日も高血圧のお薬もらいに言ったら
私の後の人が 入るなり訴えていた

足が痛い人は 大きい声で訴えられる
私なんか 手術といっただけで
大変だね と 拒否反応された

50年大勢の人と接したが
手術した人は 私で2人目

やはり一般の手術ではないのだ

思い出せば診断を受けた時期が
この病気を患者につけるのが 始まったのかもしれない

難病です 早く進む病気ではありません
大船に乗ったつもりですごして下さいだと

私の知っている人で ほんとに身近な人で

一人はPTAで役員を一緒にした人で
社長の奥さん
 
もう1人は 同業者で奥さん
二人とも自営業者だった

そして 二人とも割腹自殺
衝撃的な 思い出だ

同じ絶望感を味わった一人として 切ない

本当に自分と重なって
身の引き締まる思いだった

もう少し待っていれば
今の私のように道が開けたかもしれないと

私の先生は難病を消してくれた
先生の口から 病気の話は 一言もなかった

手術をしても 現状維持が望みだ
難病申請も する気もない

病院であった人も 難病申請はしていないと
いっていた 

 良い先生に出会えることが
一番かもしれない

だめ元でお願いします といったら 
びっくりされた

治った話は聞いたことないとか
すぐもっと悪くなるとか
向精神薬なんか進められていたらと

いろいろと 考えさせられることいっぱい
とりあえず 20年はがんばろうか

出来る範囲でいい





[PR]
by uoom | 2016-04-25 22:02 | Trackback | Comments(0)

公園3

新緑です
がんば
c0117525_21320132.jpg
c0117525_21275094.jpg

[PR]
by uoom | 2016-04-22 21:29 | 日々のこと・・ 思うこと | Trackback | Comments(2)

幸せ気分

誰が考えたんだろう
久しぶりに感激なお菓子
c0117525_21233693.jpg

[PR]
by uoom | 2016-04-22 21:25 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

お仕事 痛みの経験から

今日も元気にお仕事出来ました  感謝です

痛みの経験から

ずっと背中が痛くて 近所の医院で
毎日トリガーポイント注射を受けていました
4時間で正確に痛みは戻りました

在る日のこと 肩が急に動かなくなりました

自分ではあまり痛みと感じなく
ずんとしていて どうにもなりません

腕があがらないので 反対の手でハンドルに手を乗せて
なんとか自転車に乗ることが出来ました

片手運転よりましと言う状態で 15分ほどの病院へ
レントゲンとって 医師の診察

痛いでしょう
これは整形でも 痛いほうですよ
救急車で来る方もいます
自転車で?強いね 

肩に石灰がたまっています
注射で良くなりますよ
石灰を溶かすので 4週通ってください
とのこと 
両肩にあるのが写真でわかった

ハイ もういくら動かしても大丈夫ですよ
と先生

確かに石灰が 砕けるのはわかったが
まだ動きそうにない

帰って痛かったら 氷をあてて休んでください

それから生まれて初めて 肩のあがらない 動かない
辛い日を 1週間経験することになった

人間はうんと痛いと 自分の意思では 
動かなくなることを 体験しました

だから私は 痛いことをなくそうとは思いません
動くか 動かないか それが問題です







[PR]
by uoom | 2016-04-20 18:04 | 日々のこと・・ 思うこと | Trackback | Comments(2)

立場によって 考え方いろいろね

ネットを見れるようになって 
いろいろと考えさせられることがあるの

私の場合脊椎の 手術と 保存療法と
どっちが正しいのって いろいろみたの
迷っているうちは 大丈夫なわけで
死ぬ病気ではないそうだし、、

どちらを選ぶかは結局 患者自身なのね
二者選択というわけにはいかないのね

何もしなくて なんとかなって 20年後に 
脊髄症と言う結果になったの
逆に言えば 20年たっても動けてるし
完全麻痺にはなっていないのね
c0117525_17430383.jpg
いつ出来なくなるかもって
思いきれて 日本中旅して
北海道から 沖縄まで
病気だって言われなきゃ 出来なかったな
なんか得した気分なのよね 

だからって 不安が消えたわけではないし 
病気がなおったわけではなかったし
もしかしたら 治るかもって考えたこともあったけど。。
c0117525_17445627.jpg
この期に及んでも
保存療法を選ぶか 手術をするか
患者が決めなくてはだめなのね

後は なんだかんだあるかもしれないけど
手術をすれば 寝たきりにはならないよ きっと
そんな気がしたの  
去年の腰の手術の体験からね

第一私の場合 そんな選択はないの
イタイイタイ って 麻酔治療
マッサージ 体操 ストレッチ
結果 お薬いっぱい 
わあ 最悪
自分で出来る範囲以外は みんなパス
ぴんぴんころりがいい

チャンスがくれば 手術をしてもらおう
そう思い出したとき 70歳目前

もう 20年も様子を見たんだし
今とめなきゃ 仕事出来なくなるよ
元気なうちにやってもらおう

決めたら行動派の私
手術してくださいってお願いしちゃった 

検査は去年からでていたのだけど
先生は決して進めないのね

私の場合苦しみを抜けて 麻痺に向かっていたから
ほんとに迷うの
昔ほどの苦しみはないし

でも手も足も だんだん 動きが悪くなっているしねー

年なのよと言い聞かせるか 
誰でも経験していることよ とか
手術は失敗もあるわよ とか
いままで 無理してたから とか
うまく言っても痛んだ期間が長いと
結果も良くない とか

欝傾向の人は 結果がうんと悪い とか
先は クスリだよりなんて だめだめ
c0117525_21164872.jpg
わわわ 仕事しなくては 生きてる意味ないじゃん
そこで 私の妄想の世界は終わり

やってもらおう
後のことはそのとき考えれば
後悔はしたくないわ

なんてったって世界一の先生に出会えたのだから











[PR]
by uoom | 2016-04-19 17:37 | 日々のこと・・ 思うこと | Trackback | Comments(2)