2016年 11月 03日 ( 1 )

術前のこと

術前には

横隔膜の痙攣 

これは 横隔膜がいきなりミミズがはったように

直径5ミリくらいの 筋がもりもりと横に動きます

それが収まるまで 息はできません とても痛いです 苦しいです 

長くて1分くらいです 始めは人の話などから

肋間神経痛かとも思いましたが これは違うと思いました

この症状は腰の滑り症の手術の後 一度も起きていません

お医者さんに言えば そんなはずはないよ と言われそうです

不思議ですね

首の手術の前です

朝うがいをして 食事をするのですが

ご飯 味噌汁は 喉度を通ります が 途中冷たい 麦茶を飲むと

食道の蠕動運動がとまってしまいます

その麦茶が下りるまで 長くて1分ほどですが

食道が痛くて苦しいです

ひたすら 下がるのを待ちます

声を出すこともできません

周りの人は不思議そうにみています

誤嚥は毎日のようにありました

食事をするのが怖くなりました

こんなことを毎日 言うことも いやですし

お医者さんに言えば 変な人と思われそうで

いったことはありませんでした

時々喘息のように のどが詰まって

息苦しく感じたり 咳が出たりしました

こんな症状は 首の手術をしてから

まったくなくなりました  キツネにつままれたみたいです

これも 首の症状から来ていたのだ わかりました

話しても だれも信じてくれないかもしれません

神経内科に行ったり 脳外科に行ったりなどと

苦労をされるかたもいるようです

まだ 首の手術では もっと悪くなって

ダメ元くらいにならないと 手術には踏み切れないのが

現実のようです 医師も 患者も。。怖いからです

ですので 対処療法 代替え医療で 様子見ですね

ずっとお仕事していたい私

まだ 死ぬのが怖い父ちゃん

二人とも 願いが叶った 今回の手術でした

さあ あと10年は 2人で頑張ろう


テレビでは102歳の地中海の床屋さんが映っていました

そこまでは 無理でしょうね 005.gif005.gif










[PR]
by uoom | 2016-11-03 20:57 | 手術 | Trackback | Comments(0)