p-ちゃん

p-ちゃんは ミミちゃんというネコをもらってきた時
避妊手術をしたのですが そのあとミミちゃんが
野良猫の子供を面倒見るようになりました

そしてだんだん 家に入れて トイレを教えたり
いけないときはしかったり それはそれは よく面倒を
みてました p-ちゃんが すっかり家になつ居た頃から

c0117525_22421261.jpg

ミミちゃんは腎臓を悪くして お薬を飲むようになりました
それでもよく面倒を見ていました

そして 6歳くらいまで生きたのですが だめでした

p-ちゃんは今年 7歳になりました
優しいミミちゃんのこと 覚えているかなー

p-ちゃんは  レオちゃんが家にきた時
すんなりと受け入れてくれました ミミちゃんのお陰ね
[PR]
by uoom | 2008-06-24 22:42 | ネコ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://uoom.exblog.jp/tb/9107556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by syaruruk at 2008-06-24 23:37
p-ちゃん、ミミちゃん、レオちゃん。それぞれの歴史がありますね。
つながっている感じがします。
Commented by coppereye at 2008-06-25 00:10
ニャンコは群れないといいますが、知らない猫を連れてきたり面倒見たり、優しいんですよね。
ミミちゃんってどんなニャンコだったのかな。。
Commented by uoom at 2008-06-25 08:12 x
シャルル様
そうですね ミミちゃんはとくべと優しかったです
子供が生まれたらほしいと言われました
Commented by uoom at 2008-06-25 08:26 x
三毛猫のかわいい子でした 生まれつき体が弱かったようで
うち荷来たときはガリガリでした 飼い主さんも面倒見る気がなくて・・
家にきて 生後4ヶ月で6匹子供が出来てしまい 乳歯があるのに
御腹 デッカイ 大変なことだと すぐに避妊手術 びっくりしました
でその後p-ちゃんと2匹の姿がいつもありました
みんな親子だと思っていたようです  
Commented by happy-smile-frog at 2008-06-25 13:43
やさしい子だったんですね。
聞いてるだけでほほえましいですね。
カエル
Commented by uoom at 2008-06-25 18:19
カエル様
ミミちゃんは 私の膝の上で息を引き取りました
かわいかったです
<< お茶にします? ペチニア >>