職人

18歳で何も分からないままこの世界に飛び込んだ
住み込み 見習いと言う環境は私ぐらいまでだと思う 

不安と興味でいっぱいだった
先輩オネエさん2人と 6畳の部屋で3人

これが都会なんだ と言う最初の感想
 
夜間の学校も通うことに  
やるきゃない

滋賀県から来た私に アクセントを直せという
出来るだけ平らに発音するようにした
舌をかみそうになる
こんなことから私の東京生活ははじまった

起床7時 
よる手の届いていないところを掃除
8時 朝食
8時半 職人さんも来て
9時開店

椅子6台 見習いは私一人で
タオルを洗ったり 下に落ちた髪を掃いたり

子供が動かないようにあやしながら頭を持ったり
シャンプーしたり 顔をそったり

午後4時30分にはあがって 軽食
電車に乗って学校へ 
5時30分から授業が始まる

9時30分に授業が終わり 電車に
店につくのが10時過ぎ

先輩方は休んでいる
お店のタオルを洗って銭湯へ

11時までに帰ってこないと鍵をかけられる

こんな生活が 1年半

学校を卒業するとインターン 
まだ見習いに変わりはない

1年後無事 国家試験合格 ほっ

やっと仕事は出来るようになったが


見習いになってまもなくから始めていたこと
組合の教育部の人と 休みのたび施設に行く

これは結婚するまで休みなく 続く

見習いの頃 職人がタオルを投げてくるやつ
それが顔に当たりおもわずムッ
そのタオルを職人の足に投げ返した

マア元気な私であった

こんな見習い始めてだ
何回か聴いた言葉だ

私の孫たちも元気がいい
頼もしいなー




[PR]
by uoom | 2016-04-27 22:14 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://uoom.exblog.jp/tb/25553238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by coppereye at 2016-04-28 14:23
お久しぶりです。ずいぶんご無沙汰してしまいました。
uoomさんとは、ブログを始めた頃からですね。
あの頃よく訪ねてくださった方々は今どうしていらっしゃるかしら? ぷっつり投稿を止めてしまわれた方も多くて。
また、ぼちぼち、、と思っています。
よろしくお願いします。^^

技術を身につけるのは大変なことですね。
uoomさんもお若いころは元気一杯だったんですね。
似ているかな。私、組織にはどうしても入れなくて。。^^


Commented by uoom at 2016-04-28 17:56
コパさん こんにちは
コパさんもお休みしながらですね
私もする気になれなくて
でもこのごろ又やる気が出てきました
好きなこと書いて 気晴らししましょう
<< 筍 孫との会話 >>