かえるの子はかえる

男性はよくこういうことを言う人がいます

私はそうは思いません

親子でも  まったく別の人間ですから 今の時代は 無理です

親子は同じ事をするのが一番とおっしゃいますが

私の父も 本音は そうでしょう


基木に優る 枝はなし と言ったときは 」

さすがに 何言ってんだ  この人は・・  

人間にそんなこと あてはまらないだろう

とその時初めて 父に反感を持ちました

明治の 教え なのかも知れません


そのわりには 子供を抑えることも

何かを強制的に やらせることもありませんでした

それが 昔からの我が家の 教育方針 なのかもしれません

私も 子供達には そのようにしましたから・・


百姓の子だから  百姓をやれとは言いませんでした

これからは 百姓では  食べていけん  

そういって  親から受け継いだ土地に 

子供を縛ることはありませんでした


これは時代の流れとはいえ  寂しいことだったことでしょう


それでも 父の子でよかったと  私たち兄弟の同じ 思いです
[PR]
by uoom | 2010-08-08 22:11 | エピソード | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://uoom.exblog.jp/tb/14917565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by syaruruk at 2010-08-08 23:38
私の父は、親の宗教を継ぐのが当たり前だと言って、けんかになりました^^;小学5年生は生意気盛りで。
Commented by uoom at 2010-08-09 20:47 x
シャルル様
小学5年  女の子は 自立の時ですね
娘も4年か5年の時 似たような事がありました
これからは 大人扱いしようと 父ちゃんと話しました
Commented by succhi721 at 2010-08-10 23:13
私も、子どもと自分を重ねないように心がけています。
自分のようになってほしいとは露ほども思いません。
Commented by uoom at 2010-08-11 21:42
succhi721様
娘は母の夢でした  それを押し付けにならないように
心していました   いまでもかわいくて 心配で
娘もいやがらず 受け入れてくれるので 幸せです
のびのび  素直にをもっとうに  ときどきパニクルのは
似ています  かわいいなー  娘は
<< ぴーちゃん 立秋 >>